NEWS

2023.10.01

Fill More Far East Inc. Presents

德永統子作品展『HOKA HEY @ YOKOHAMA』開催
12/17~22 (6日間)

2023年3月に開催された德永統子作品展『HOKA HEY #3』が好評につき、長野県松本市での常設展も多くの方々からの反響を頂きました。
その勢いそのままに、横浜での德永統子展が繰り広がれる。愛や希望を様々なタッチや独特な世界観で表現する作品に触れてみて下さい

「AAA Gallery」 横浜市中区山下町82 徳永ビル206
 2023年12月17日(日)~22日(金) 12:00-18:00
 作品展のお問合せはコチラ

 

2023.10.01

Fill More Far East Inc. Presents

『高嶋徳光ソロライブ』開催!

昨年、70歳の節目を機にファーストソロシングル「愛する音/恋する愛のうた」を配信開始。
今年2月に自身初のソロライブをココ「目黒 BLUES ALLEY JAPAN」にて開催!
今回も強力なサポートメンバーを従えて、パワーアップしたLIVEをお届けする。 当日、レコードの即売会あり

目黒 BLUES ALLEY JAPAN 2023年11月24日(金)開催 チケットはこちら

 

2023.10.01

榊原利彦 主宰劇団 THE REDFACE

『高島嘉右衛門列伝6 ~横濱之龍神~亢龍編』 チケット販売開始!

一昨年の12月にスタートした高島嘉右衛門列伝がついに最終章を迎えます。
新時代明治を迎え横濱の地で、イギリス公使館の建設で大成功しその後多くの異人館や日本の近代化のために尽力していきます。
実業家として大成功を収めた高島嘉右衛門は、明治9年45歳で実業界からの引退を宣言し、易経の研究に没頭するため、大綱山の別荘での隠居生活を始めた。
しかし、大綱山には嘉右衛門の占いを頼り日々政府高官や著名人らが押し寄せていた。結局、以前にもまして忙しい日常が訪れていったのだった。

横浜関内ホール 小ホール チケットはこちら

 

2023.8.8

榊原利彦 主宰劇団 THE REDFACE

『高島嘉右衛門列伝5 ~横濱之龍神~飛龍編』 チケット販売開始!

横濱の豪商にして明治維新の黒幕とも囁かれる占い師・高島嘉右衛門。
高島嘉右衛門は横濱で、それどころかこの日本国で有数の豪商となり、大成功を手にした嘉右衛門は50歳を前に身代を息子に譲り、きっぱり現役を引退することに決めました。
それはこれまでの自らの人生を大きく左右した『易経』を極めるため、嘉右衛門は『吞象』と名乗り易者の道を歩み始めます。

横浜関内ホール 小ホール チケットはこちら

 

2023.5.2

榊原利彦 主宰劇団 THE REDFACE

『スタンリーキューブリックはかく、語りき4』 チケット販売開始!

4月に上演された朗読劇『スタンリーキューブリックはかく、語りき3』の再演となります。
榊原利彦による手料理をおもてなしするディナーシアター形式となります。
上演は18時45分から1時間ほどで、19時45分からは、バイキングによるディナータイムがスタートいたします。

中目黒トライ 2023年7月26日(水) チケットはこちら

 

2023.5.1

Fill More Far East Inc. Presents

『高嶋徳光アコースティックライブ』開催!

今年2/4に自身初のソロライブを開催し、早くも第二弾のソロライブ。
今回はバンド編成をアコースティックにし、ゆったりとした大人の時間をお届けします。

目黒 カフー 2023年7月22日(土) チケット、お問合せはコチラまで

 

2023.4.21

榊原利彦 主宰劇団 THE REDFACE

『七慟伽藍 其ノ三十』 チケット販売開始!

七人の戦国武将(織田信長・武田信玄・明智光秀・豊臣秀吉・徳川家康・浅井長政・朝倉義景)が八百比丘尼によって導かれ、冥界で再会を果たす。やがて『本能寺の変』の真実が口々に語られていく活読劇(朗読スタイル)。
本作品は2009年に初演され、今回30回目の記念公演となります。
紅一点の八百比丘尼役には鈴木杏樹さんをゲストとしてお迎えいたします。どうぞ、ご期待ください。

横浜関内ホール 小ホール 2023年5月20日(土) チケットはこちら

 

2023.4.13

Fill More Far East Inc. Presents

德永統子作品展『HOKA HEY #3 in Nagano』開催
7/14~17 (4日間)

2023年3月に開催された德永統子作品展『HOKA HEY #3』が好評につき、長野県松本市にて開催いたします。
作者自身が20代に暮らした思い出の長野で、沢山の方からの御縁を通じ個展を開催する形になりました。
是非、德永 統子が繰り広げる愛や希望を様々なタッチや独特な世界観を繰り広げる作品に触れてみて下さい。

「ギャラリータカハシ」 長野県松本市出川3丁目10-19
 2023年7月14日(金)~17日(月・祝) 10:00-18:00
 作品展のお問合せはコチラ

 

2023.3.21

シアター・アルファ東京 ショート・シアター・フェス・2023

『スタンリーキューブリックはかく、語りき』
          “榊原利彦 天才の仕事 3” チケット販売開始!

アメリカ合衆国ニューヨークに生まれ育った映画監督・スタンリー・キューブリックは、あの日突然、家族と共にイギリスの片田舎へ移住してしまった。そして、二度とアメリカ合衆国へ、あのニューヨークへ帰ることはなかった。…いや、どうしても帰れなかったのだ。とにかくイギリスに暮らし映画製作を続ける中、当時夫婦だったトム・クルーズとニコール・キッドマンを起用し、肝入りで撮った映画『アイズワイドシャット』だったのだが。試写会の直後にその公開を待たずして、キューブリックは突然世を去ってしまったのだった。今も多くの謎に包まれた映画界の鬼才スタンリー・キューブリック。その真意に迫る一人芝居に榊原利彦が挑む。

シアター・アルファ東京 2023年4月20(木)・21日(金) チケットはこちら

 

2023.2.14

Fill More Far East Inc. Presents

德永統子作品展『HOKA HEY #3』開催
3/10~13 (4日間)

德永 統子が繰り広げる愛や希望を様々なタッチで表現。
この星で出会った愛するいのち達を様々な点、線、紋様などを用い表現しています。
独特な世界観を繰り広げつづける「德永統子」の作品に触れてみて下さい。

「本町公園ギャラリー」 和歌山県和歌山市本町4丁目54番地
 2023年3月10日(金)~13日(月)10:00-19:00 最終日13日のみ10:00-17:00
 作品展のお問合せはコチラ

 

2023.1.26

榊原利彦 主宰劇団 THE REDFACE

『七慟伽藍 其ノ二十九』愛知(名古屋)公演 チケット販売開始!

遥か四百四十年の昔。この國は戦だけに明け暮れる戦国の世であった。人魚の肉を食らい八百年生きた八百比丘尼によって集められた戦国武将(織田信長・明智光秀・豊臣秀吉・朝倉義景・浅井長政・徳川家康)七名が、この日漆黒に覆われたここ、『七慟伽藍』で、因縁の再会を果たす。名古屋での本作品は7年ぶりの公演です。

愛知県芸術劇場 小ホール 2023年3月29日(水) チケットはこちら

 

2022.12.23

Fill More Far East Inc. Presents

德永統子作品展『HOKA HEY #2.5』開催
12/25~29 (5日間)

自然探求家の「德永統子」の作品展を開催。
これまで多くの作品の制作をするたびに、多くのファンの方の支持を得てきました。
今回も満を持して新作を発表致します。
この年末、独特な世界観を繰り広げつづける「德永統子」の作品に触れてみて下さい

「Atelier」 和歌山市友田町3-52 高島ビル2,3F 2022年12月25日(日)~29日(木)10:00-19:00
 作品展のお問合せはコチラ

 

2022.12.19

Fill More Far East Inc. Presents

アナログレコード発売・ソロデビュー記念
『高嶋徳光ソロライブ』決定!

自身がバンドマスターを務める「T42」の結成から丸10年。70歳の節目も迎え、一足早く今年の8/17に「愛する音/恋する愛のうた」を配信開始。ソロデビューを果たす。
12/9にはアナログレコード(12インチシングル)を発売!
レコード発売を記念してファーストソロライブを開催する。 当日、レコードの即売会あり

目黒 BLUES ALLEY JAPAN 2023年2月4日(土)開催 チケットはこちら

 

2022.11.15

榊原利彦 主宰劇団 THE REDFACE

『高島嘉右衛門列伝4』アンコール公演 チケット販売開始!

幕末に生まれた易学の達人であり、日本国近代化の父・高島嘉右衛門の数奇な人生を通して幕末から明治維新を迎えた激動の時代を描く。江戸末期、大店の材木屋『遠州屋』の跡取りとして生まれた高島嘉右衛門と、鍋島藩、南部藩との関係を軸に、時代の寵児となった長州藩、薩摩藩、土佐藩らとのかかわりを通してその半生を一気に描いていく。過去に上演された1~3の総集編、高島嘉右衛門列伝4のアンコール公演となる。本作品は、令和四年度 第77回文化庁芸術祭参加公演です。

横浜関内ホール 小ホール 2023年1月8日(日)、9日(月・祝) 2日公演 チケットはこちら

 

2022.11.1

榊原利彦 主宰劇団 THE REDFACE

『ティファニーで朝食を』アンコール公演 チケット販売開始!

2022年9月に横浜・名古屋で上演し、SOLDOUTとなった本作のアンコール公演を上演いたします。映画とはかなり異なった、トルーマン・カポーティの原作に寄り添った朗読劇を、鈴木杏樹さんをホリデー・ゴーライトリー役のゲストにお迎えしてお届けいたします。榊原利彦は、相手役となるポール・バージャックに加えて四役を演じます。クリスマスにピッタリな本作品をお届けいたします。

横浜関内ホール 小ホール 2022年12月10日(土) チケットはこちら

 

2022.9.1

榊原利彦 主宰劇団 THE REDFACE

『高島嘉右衛門列伝4~横濱の龍神~1,2,3総集編 (朗読劇)』 公演チケット販売開始!

高島嘉右衛門列伝4は、2021年10月、2022年1月、2022年6月に横浜関内ホールで上演した連劇・高島嘉右衛門列伝~横濱之龍神~1~3作目までの総集編になります。幕末から明治にかけて横濱の近代化に尽力した大商人であり、易経の天才とうたわれた高島嘉右衛門の奇想天外なるその生涯を描いていきます。

横浜関内ホール 小ホール 2022年10月20日(木) チケットはこちら

 

2022.8.1

榊原利彦 主宰劇団 THE REDFACE

『ティファニーで朝食を5 (朗読劇) 横浜公演 / 名古屋公演』 公演チケット販売開始!

トルーマン・カポーティの原作により忠実な朗読スタイルの二人芝居です。冒頭、榊原利彦によるトルーマン・カポーティの解説が入り、そのまま本編へと移行していきます。横浜公演につづき今回は3年ぶりとなる名古屋公演に鈴木杏樹さんをスペシャルゲストにお迎えしてお届けいたします。どうぞご期待くださいませ。

横浜関内ホール 小ホール 2022年9月1日(木) チケットはこちら

        

愛知県芸術劇場 小ホール 2022年9月7日(水) チケットはこちら

 

2022.5.2

榊原利彦 主宰劇団 THE REDFACE

『高島嘉右衛門列伝 横濱之龍神3 乾惕編 (朗読劇)』 公演チケット販売開始!

横濱を創った伝説の占い師・高島嘉右衛門の数奇な運命と、明治維新という新時代の扉を大きく開いた若き長州藩士らを中心に、激動の幕末から明治維新への時代のビッグバンを語る第三弾、高島嘉右衛門列伝3~横濱の龍神~乾惕編が上演決定いたしました。横濱の地に移り住み、僅か2年で巨万の富を築いた豪商・高島嘉右衛門の決断力と手腕。そして天才的な発想に迫って行きます。そして伊藤博文との運命の出会いが遂にやってきます。

横浜関内ホール 小ホール 2022年6月10日(金)、11日(土) 2日公演 チケットはこちら

2022.3.22

榊原利彦 主宰劇団 THE REDFACE

『七慟伽藍 其ノ二十八 (朗読劇)』 公演チケット販売開始!

戦国の世から早四百年の歳月が過ぎ去った現代。名だたる七名の戦国武将(織田信長・武田信玄・明智光秀・朝倉義景・浅井長政・豊臣秀吉・徳川家康)らの魂は、天界へは行けず未だ冥界を彷徨っていたが、この夜、八百比丘尼の導きにより運命の再会を果たす。武将らが口々に語りだす、死の間際の心情とその後悔はやがて怒りの炎となって、『本能寺』へと繋がって行く。織田信長が消えた『本能寺の変』。その驚愕の真実とは・・・。

横浜関内ホール 小ホール 2022年4月20日(水)、21日(木) 2日公演 チケットはこちら

2021.12.17

榊原利彦 主宰劇団 THE REDFACE

『高島嘉右衛門列伝 横濱之龍神2 見龍編 (朗読劇)』 公演チケット販売開始!

明治維新直前の1864年の長州藩、そして1865年から1867年の横濱を舞台に、遂に高島嘉右衛門の実業家としての大活躍が始まります。倒幕と言う大きな時代の変化をいかにして味方につけて生きて行くかを、幕末の志士たちとの運命の出逢いを通して深く色濃く描いていきます。

横浜関内ホール 小ホール 2022年1月8日(土)、9日(日) 2日公演 チケットはこちら

2021.9.13

榊原利彦 主宰劇団 THE REDFACE 『横濱之龍神 高島嘉右衛門列伝 (朗読劇)』 公演チケット販売開始!

明治維新、横浜を創った男と呼ばれる、豪商・高島嘉右衛門の類まれなる人生を紐解く。『九天九地』と云われたその壮絶な人生の失敗と成功を通して、新時代を読み解き未来を生き抜く智恵を見出していく実録物語。

横浜関内ホール 小ホール 2021年10月26日(火)、27日(水) 2日公演 チケットはこちら

リンク
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02xxuhd5kgw11.html

2021.4.2

榊原利彦 第1,3,5金曜日 新番組『サカキバLIFE』マリンFM 86.1MHz  4/2より放送開始!

PC・スマホでマリンFMを聴く 視聴はこちら

リンク
http://listenradio.jp/Home/ProgramSchedule/30065/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3FM

2021.2.2

清水宏次朗 特集『週刊FLASH(フラッシュ) 2021年2月16日号(1591号)』発売

『ビー・バップ・ハイスクール』のヒロシが闘病告白「膵臓に穴が空き余命1カ月で…」

リンク
https://smart-flash.jp/entame/132392?rf=2

2020.12.25

榊原利彦 特集『ENCOUNT【ズバリ!近況】』インタビュー掲載

朝ドラ「ええにょぼ」榊原利彦テレビに出なくなった理由を初告白「半ばノイローゼに」

リンク
https://encount.press/archives/123603/

2020.12.19

榊原利彦 主宰劇団 THE REDFACE 無観客公演『七慟伽藍 其ノ二十二』配信開始

2020年11月8日、東京都 芸術文化活動支援事業「アートにエールを!東京プロジェクト(ステージ型)」の協力で東京都中目黒の中目黒トライにて『七慟伽藍 其ノ二十二』を無観客で公演した動画の配信が2020年12月18日に配信を開始した。今事業の規定のため冒頭の30分が閲覧できます。

リンク
https://www.youtube.com/watch?v=KM0iqlaL718&feature=emb_logo

2020.10.1

榊原利彦 プロデュース作品『まことにおもしろき女』配信開始

東京都 芸術文化活動支援事業「アートにエールを!東京プロジェクト(個人型)」の協力のもと、横浜開港記念会館で撮影された『まことにおもしろき女』が2020年10月1日より配信を開始しました。

リンク
https://cheerforart.jp/detail/7086

アーティスト

清水宏次朗チャンネル
サカキバTV
Gambino(ガンビーノ)
榊原利彦 主宰 THE REDFACE
PAGE TOP